スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
「心の病いはこうしてつくられる」
こんにちは。grassです。
クームさんが7日の日は交代で担当しよう、と言うので、今日はわたくしが記事を書くことにします。

先週、ひさびさに県立図書館へ行ってきました。
平日にもかかわらず、男性が多いのにびっくりしました。
それがじいさんじゃなくて、20~60代くらいの方々が多いことに。

借りたのは、だいぶ前に読みたかった本の「心の病いはこうしてつくられる」と「女女格差」。

わたくしは、社会科学系の本を好んで読むのですが、「心の…」の著者である石川憲彦氏はわたくしが好きな物書きの1人です。

石川憲彦氏は小児科医であり精神科医です。
精神科医の高岡健氏との対談形式になっています。

高岡健氏は、過去「精神医療」誌で「ひきこもり」の著者である斉藤環氏を痛烈に批判していた人で、相手によっては、歯に衣着せぬ物言いをするのがおもしろい方です。

「心の病い」はその時代の社会思想、政治、経済、教育などに強く影響される領域です。
他の診療科である科学的根拠にもとづく医学とはちがって。

たとえば、AC(アダルトチルドレン)。たとえば、今どきのうつ病。

それぞれの病名にこめられる時代背景や歴史をもとに、広い視野から著者の考えを述べていることに、共感する箇所は多かったです。

「女女格差」橘木俊詔 著は、この人の本は読んだことがなかったので、思いつきで借りてみました。

社会学には社会階層というカテゴリーから世代間の階層移動の推移によって、その社会が開かれた社会であるか、閉じた社会であるかを研究する学問があります。

この本はあたりまえすぎることを、データと今流行りの三浦展氏の著書の引用とかで体裁を繕っていますが、(三浦展はデータの扱いが恣意的な感じがする)煮え切らない文章がおもしろくないので、ほとんど読まずに返却しました。

「心の病いはこうしてつくられる」
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2009/03/07 15:49] クーム | トラックバック(0) | コメント(8) | @
<<かぜまるのつぶやき・・・のようなもの | ホーム | ちょっと懐かしい 昭和のくるま展>>
コメント
--コンパルは--
わたくしの二男がよく利用しています。
わたくしには友達と勉強してくる、と言ってでかけますが…。
ところで、遅くれましたがひげろく仙人さん、転勤がなくてよかったです。
また、引き続きお世話になりますm(__)m
[2009/03/09 20:54] URL | grass #nKD1BgzM [ 編集 ]
--図書館って--
私はよく大分市民図書館(コンパルホールのとこ)に行っていました。
高齢者の方が多いのは、冷暖房完備で暇がつぶせるってことでしょうか・・・
ホームレスの人が時々いて悪臭が漂ってることもありました。
匂いが充満するのは何とかしてほしいです。
[2009/03/09 10:33] URL | ひげろく仙人 #KvqxaLMY [ 編集 ]
--蔵書の数がぜんぜんちがいます--
桜子さん、こんばんは。
ホントはもっと行きたいのですが、ひまがありません。
しょーがないので、Amazonで買うことも多いです。
図書館の右出口にあるレストランの「和風高菜めんたいオムライス」はまずかったです・・・。
[2009/03/08 21:11] URL | grass #nKD1BgzM [ 編集 ]
--渡辺昇一--
草の人さん、こんばんは。
渡辺昇一氏の「知的生活の方法」を昔読んだことがあります。これ、売れましたよね。
渡辺昇一氏は月刊誌「WiLL」によく寄稿してますね。田母神論文を擁護する特集とかで。
[2009/03/08 21:03] URL | grass #nKD1BgzM [ 編集 ]
--石川憲彦--
purelemonさん、こんばんは。
石川憲彦氏の洞察力は鋭いものがあるとわたくしは思っています。ADHD(注意欠陥多動性障害)の論考(「精神医療」誌:批評社:学校の崩壊)とか。専門家が専門性ゆえに踏み外しやすい視野狭窄に自覚的なところが。
[2009/03/08 20:56] URL | grass #nKD1BgzM [ 編集 ]
----
grassさん、こんにちは。

県立図書館はまだ行った事がありません。
子供が小さい頃は杵築図書館のお世話になっていました。

[2009/03/08 11:10] URL | 桜子 #- [ 編集 ]
--すごいですね。--
grassさん こんにちは
いいですね~。ストレートなコメント
好感が持てます。
渡辺昇一さんの本を最近読んだんですが、
いろいろな知識の井戸を掘りなさいという
ことを書かれていました。
僕も社会科学の井戸を掘ってみようかな?
[2009/03/07 22:11] URL | 草の人 #- [ 編集 ]
----
grassさん、こんにちは。
私も月に1度くらい、県立図書館に行きます。日出の萬里図書館もよくお世話になっています。

石川憲彦さんって、知らないのですが、機会があれば読んでみたいと思います。v-392
[2009/03/07 17:35] URL | purelemon #avrKVb6g [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://itkenkyukai.blog81.fc2.com/tb.php/24-e87553dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。