スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
しつこく・・新型インフルエンザ
こんにちは。
しつこく、「新型インフルエンザ」です。

終息に向かいかけた、と思われた新型インフルエンザも、
新たに、福岡や、静岡でも確認され、静かに
ステルス戦闘機のように、侵攻してきましたね。

ところで、細菌、ウィルス、微生物、カビ・・どれが
生物でどれが生物でないかわかりますか?

生物は、自分の「細胞」のなかに、「設計図」(DNA)と
その設計図を基にして「タンパク質」をつくるための
「工場」(これを、リボソームといいます)をもっています。

つまり、「細胞の中に設計図と工場の2つをもったもの」が、いわゆる、
「生物」です。

そのことから考えると、細菌、カビ、微生物などは、
すべてこの2つをもっているので、「生物」です。
当然、自前の工場を持っているので、自分で
増殖できます。

ところが、「ウィルス」は、「設計図(DNA)」は持っていますが、
自前の「工場」は持っていません。
そのため、自分では、増殖することはできません。
いわば、「半生物」と呼ぶべきものです。

だから、自分では、増殖できませんので、われわれの細胞の
中にもぐりこみ、われわれの「工場」を利用して増えていきます。

よく、「抗生物質」という言葉を聞くと思いますが、これは
「生物」に対して、効果を発揮します
結核菌とかコレラ菌とか大腸菌とか微生物とか・・・

したがって、ウィルスには、「抗生物質」は効きません。
ウィルスの場合は、「ワクチン」を使います。

ワクチンは、直接ウィルスを殺すのではなくて、
「抗体」というものを体内で作って、ウィルスの動きを
封じ込めます。

さて、ウィルスが「変異」する・・・ということを、TVなどで
よく言っていますが、これは、DNA(設計図)が突然変異を
起こすことを指しています。

われわれ、人間では、そうやすやすとDNAの突然変異は
起こりません。

DNAの突然変異は、「ガン」の発生につながります。
したがって、もし、DNAの変異がおきれば、「DNA修復
酵素」が働き、変異を修復して、事前にガンの発生を抑えます。
(このDNA修復酵素の作り方も、実は、われわれのDNA設計図の中に
書いています。その設計図を読み取って、自前の工場でつくり、
それをDNA修復のために利用するのです。実にうまく出来ています。)

ところが、ウィルスには、この「DNA修復酵素」がありません。
だから、「突然変異」をしやすいのです。
(自前の工場がないので、たとえ設計図があっても、自分で作ることが
できないのです。)

問題は、変異する場所です。もし、「強毒性」に関する部分が
突然変異すれば、今年の秋に発生する「新型インフルエンザ」は
「強毒性のインフルエンザ」に、変化します。

その他の、どうでもよい部分がと突然変異しても、そう問題は
起きないとおもわれます。

はやく、終息することを祈っています。




スポンサーサイト

テーマ:インフルエンザ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

[2009/05/28 18:56] 花のかぜまる漢方堂 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
<<☆ 当番日 ☆ | ホーム | コンピュータとの関わり(2)>>
コメント
--purelemonさま--
TVなどでは、常に最悪の状態が議論されます。
なぜなら、外れれば、「儲けもの。」
当たれば、「予想どおり」で、
どちらに転んでも、誰も文句は
言わないので、メデタシ、メデタシ…です。
[2009/05/29 09:53] URL | かぜまる #- [ 編集 ]
--説明、ありがとうございます。--
ウィルスについての説明、ありがとうございます。

先日、TVで医学者が、秋には強いインフルエンザに変化して日本を席巻する可能性について講義をしていました。そうならないように祈っています。
[2009/05/29 07:42] URL | purelemon #avrKVb6g [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://itkenkyukai.blog81.fc2.com/tb.php/103-5f3703d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。